コンセプト-オリジナル

レジェンダリーホームでは、クラシックなデザインをベースに、機能性も重視したアンティーク住宅をご提供しています。経験豊富なスタッフが、長年愛着をもって住み続けられ、高い資産価値が永続する家づくりをご提案いたします。

素材のこと。About the material

レジェンダリーホーム茨城 現代の日本の住宅は「レンガ風」とか「木目調」といった工場生産の新建材を大変多く使っています。こういった○○風とか○○調といった新建材を多く使うメリットは、大量に、均一に、そして現場で手間をかけずにつくることが可能になります。しかしその弊害としてこのような新建材は経年変化とともに『劣化』し、みすぼらしくなっていきます。レジェンダリーホームでは、「木」や「石」、「漆喰」「レンガ」などの自然素材を多く使い家をつくっています。 そのデメリットしては多くの日本のハウスメーカーのように年間に何千、もしくは何万棟の家を大量に素早くつくることができないことです。しかしその反面、自然素材をひとつひとつ丁寧に選んでつくった家は、時間の経過とともに味わいを深め、美しさを増していくことができます。レジェンダリーホームの考える品質とは新品のときの「ツルツルでピカピカ」のようなことではありません。本物の木を使っているか!?本物の漆喰を丁寧にそして厚みをもって塗っているか!?ということに重点を置いています。新建材でつくった新品感に重点を置いた家は経年変化とともに劣化していきますが、レジェンダリーホームの家は何十年後もずっと愛され続け、家族の誇りとなっていきます。

デザインのこと。About the design

レジェンダリーホーム茨城 ものづくりのなかで「デザイン」はかなり重要な部分です。きちんとデザインされたものとそうでないものの間には「クオリティ」においてかなり大きな差になってしまいます。住宅の価値はその素材、造形美(デザイン)と機能の3要素から構成されます。日本の建築は機能や性能を優先するあまり、素材や造形美つまりデザインをおろそかにしてしまいました。本来、造形美として完成された美しさを持ったものはいつの時代でも人々に愛されるものです。毎年毎年、新しいデザインが登場していますが、ほとんどのデザインは時代とともに消えていきます。逆説的にいえば、時代や流行に流されない「普遍性」をもったものが良いデザインといえるかも知れません。レジェンダリーホームの家は「ヨーロッパのクラシックな家」をベースにデザインしています。ヨーロッパの家は何百年もずっと多くの人に住み継がれ、今なお多くの人々に完成された造形美として評価されています。闇雲に流行を追いかけて、中途半端な「モダン」なデザインをするよりも「クラシックなデザイン」をベースに何十年後もずっと飽きない家を目指した方が、世代を超えて「家」という資産を守っていくことができると考えます。

本当の豊かさの提案。Wealth of the heart

レジェンダリーホーム茨城 『家』って何のために建てるのでしょうか?「雨風を避けて寝られる場所」を確保するという考え方もあるでしょう?しかしそれだけならアパートでも良いし、なにも何千万もかける必要はありません。答えはより「豊かな暮らし」を求めているのです。人間は家族を作って一生懸命働くのも、稼いだお金で家を建てるのも、すべて「より豊かな暮らし」を求めてしているのです。しかし、もし建てた家を30年で壊すことになったら、その家にかけたお金を失ってしまうのと同じ結果になってしまいます。ヨーロッパの古いことわざに「親が家を建て、息子が別荘を買い、孫がボートを買う…。」というものがあります。これは世代を重ねながら資産を形成し、豊かになっていく過程を如実に表しているのですが、毎世代ごとに家を建て替えている日本の住宅文化では、このようなことにはなりません。日本では家を建てるという行為が、世代ごとに重い住宅ローンを組み、その借金返済のために一生懸命働いている…そいう負のスパイラルになっていることにそろそろ気づくべきです。家を建てるという目的は「豊かな暮らし」をするためで、そのために資産形成をする行為なのです。 さらに値段のことを考えてみましょう。仮に親も子も孫も毎世代に2,000万円の家を建て替えたとしましょう。その間に使った金額は6,000万円。しかしひ孫が家を建て替える百年後には6,000万円を全て消費してしまったことになります。ではまた別の考え方で、親が資産形成のことも考慮して、経年変化で味が増す本物の素材を使用し、百年飽きのこない普遍性のあるデザインで3,000万円の家を建てたとします。その家が百年持てば結果的に百年トータルで使うお金は半額で済みます。つまり家の値段は買ったときの値段ではなく、その家がどのくらい長持ちするかを考えないといけないということです。 昔のおじいちゃん、おばあちゃんがよく言っていました。「どうせ買うなら長持ちする良い物を買いなさい。」と。レジェンダリーホームでは、家づくりを通して、お客様の資産形成と本当に「豊かな暮らし」を提案していきます。

施主参加・施主支給。Owner participation and owner paid

レジェンダリーホームでは塗り壁作業や塗装工事にお客様自身が参加されたり、また照明器具やドアノブなどの家に必要なパーツを積極的に持ち込んでいただいています。家を建てる際にお客様に何らかの形で参加していただくことは、ご自身の家がどのように出来ているのかを知っていただけるのと同時に、ご自分でパーツを持ち込むことにより、家により一層の愛情を持っていただけるようになれます。好きな物に囲まれて暮らす…これって本当に基本のことですよね。

保証とメンテナンス。Warranty and maintenance

レジェンダリーホームでお引渡しする物件には全棟、第3者機関による検査と瑕疵担保保障、及び万一の為の完全保証、さらには地盤保証をつけさせていただいています。またお引き渡し後、スタッフによる定期的なメンテナンスにも廻らせていただいています。安心してお住まいください。
【施工可能エリア】
茨城県全域、千葉県、その他地域の方もお気軽にご相談ください。
Owner participation and owner paid 無料資料請求
施主様参加・施主様支給 レジェンダリーホームでは塗り壁作業や塗装工事にお客様自身が参加されたり、
また照明器具やドアノブなどの家に必要なパーツを積極的に持ち込んでいただいています。
家を建てる際にお客様に何らかの形で参加していただくことは、
ご自身の家がどのように出来ているのかを知っていただけるのと同時に、
ご自分でパーツを持ち込むことにより、家により一層の愛情を持っていただけるようになれます。
無料 資料請求

最上部へ移動